でっぱる、ひっこめる色 を活用

3D眼鏡が、大手の教育教材資料から子供宛てに届きました。

届いて、「そうだよね。」と改めて、感じたのですが。

立体的に見える眼鏡は、「赤」、「青」のセロファンが貼ってありますね。

「赤」は前に出て見える色(進出色)

「青」は、後ろにさがって見える色(後退色)

なんですよ。

だからこそ、立体的に見えるようになっています。

カーテンのお話でもしましたが。

部屋を広く見せたいなら、カーテンや壁が青いと広く感じます。

青い車は、ちょっと注意が必要です。

対向車から、距離が遠く感じられてしまうので。交差点での、右折左折に注意です。

女性の水着で、バストの部分が青、お腹周りが赤いデザインだと、ものすごーく損します(笑)。


参加しています。よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする