子供用パスモ(PASMO)購入しました。

長女の子供用PASMO、買う約束をしてからずっと買っていなくて。
基本的に、電車もバスも日常生活で乗っていないし。

でもついに先日、子供用のPASMO購入しました!
子供ってでも、自分アイテム好きですね!
手に入れてとってもうれしそうです。

ちなみにパスケースと、紐はセリアで買いました。
別々で売ってるのを、好きに組み合わせてます。

パスモ8

我が家の購入した時の記録なので、興味のない方はすっとばしてくださいませ(笑)。

我が家は京急沿線なので、京急電鉄での駅でふつーに買いました。
特急が止まるわけでもない、普通駅です。

今は書類を書くわけでもなく、切符の自動販売機で購入できました。
でもでも、忘れてはいけないのが、公的証明書(健康保険証)を持参することです!
これがないと、子供PASMOは買えません。
我が家は忘れてしまって、一度取りに帰りました。

以下手順です。

定期券を購入できる、自販機で、PASMOボタンを押します。
パスモ4

パスモ5

続いて、上段真ん中「PASMO新規購入」ボタン

さらに続いて、左の「記名PASMO購入」
パスモ1

パスモ2
生年月日、性別を入力

すると、12歳以下の場合は年齢を確認するため係員が呼び出されます。
パスモ3

パスモ6
その先に係員呼び出し画面

左の小窓があいて、駅員さんに「健康保険証」を提示。

その後は購入するまで、画面と共に説明していただけました。
やったことは、チャージの金額設定。
1,000円のボタンを押すと、デポジット保証料として
500円がひかれますので(PASMOが不要になって、返却すれば戻ってくるお金です)、
チャージは500円となります。

ものの30秒くらいで、記名入りのPASMOが出てきました。
パスモ7
使うと、もちろん子供PASMOで改札を通過すると、「子供」のランプが付きました。

もののついでに、私も記名入りのPASMOに変えました。
無記名のを使っていたのですが、同じ券売機で「記名入りPASMOに変更する」で、
手数料なくそのまま記名入りに変更出来ましたよ。
チャージされている金額もそのまま移管されました。

これで落としても安心。記名入りだと、本人しか払い戻しは出来ないそうです。
記名入りのメリットとしてはもし失くしてしまっても、再発行のデポジット代と、再発行手数料で
合計1,000円払えば、もとのチャージ金額のまま新しいPASMOを発行していただけるそうです。
無記名はだれでも、払い戻し可能ですから、一応安心です。

その都度切符を購入するのも面倒なので、よかったです。

ご参考になれば幸いです。

参加しています。よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ