子育て中の原点回帰に。こちらの本もオススメです。

子育て中って、ほんと毎日バタバタですね。
専業主婦なのに、どうも余裕もなく。
次女が3歳になって、ようやく色々落ち着いてきた感じがします。

なるべく子どもの前で感情的にならないように、気を付けてはいますが。
それでも「わー!」となる時は、ありますあります。

育児書とか読んでしまうと、わりとその通りにならない時に気になって
しまうタイプなので、そういうたぐいの本は読んでませんでしたが、
こちらは小学校の先生がオススメしてくれたので、読んでいます。

子どもが育つ
⇒子どもが育つ魔法の言葉 [ ドロシー・ロー・ノルト ]

章が短くて、ちょこちょこ読みやすい。
ベストセラーだけあって、響く言葉が沢山あります。
とくに全部の内容は覚えておけなくても、「子は親の鏡」という詩が
短い中に、深いことが書いてあって時々読み返したいなと思う内容でした。

今目の前で、子どもの育て方が上手くいっているかなんて、分からない。
20歳になったときに、自分の子育てが上手くいったか分かるくらいの気持ち
で育てようと決心はしていたけれど。
何を考えて何をしているか全て把握できる歳も、あと数年なんだから、
いい時間を過ごさないとと思いなおしました。

たまに気分を変えるのに、読書って有効ですね。
明日から、また子育てがんばろう。

参加しています。よかったら応援お願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧ナチュラルインテリアへ